台湾糖業(Taiwan Sugar Corporation)

台湾糖業は台湾の国営企業で、台湾最大の地主としても知られています。
健康食品、バイオテクノロジー、農業など多種多様な事業において、自然の素材を生かし消費者の健康に留意した高品質な商品開発を行っています。

  • HOME
  • 台湾糖業公司(Taiwan Sugar Corporation)

台湾糖業の沿革

台湾糖業は、1946年5月1日に設立した台湾の国営企業です。前身は日本統治時代の製糖会社で、戦後台湾の国営企業として事業を展開、現在は台湾最大の農業企業となっています。1990年代より製糖中心の伝統産業から、農工商業とサービス業を含む多角化企業に転換した台湾糖業は、専門的な研究開発能力の強みを生かし、消費者の健康に留意した高品質な商品開発に取り組んでいます。

台湾糖業と日本

台湾糖業博物館は、2001年にオープンした台湾の観光施設で、台湾糖業の発展の歴史を展示しています。同施設は、明治33(1900)年に三井財閥を中心に設立された「台湾製糖」の主力工場で、台湾最初の最新機械製糖工場でした。なお、現在の台湾糖業博物館には、『武士道』の執筆者で、「台湾砂糖の父」としても知られる「新渡戸稲造」の胸像が展示されています。

台湾糖業の理念

現在は「新農産業の推進と循環型の台湾経済の促進」を事業発展の主軸に据え、新型グリーンエネルギー節水循環養豚場、カキ殻リサイクル工場、グリーンエネルギー循環スマート住宅団地など、数々のプロジェクトを推進しています。近年は国営企業として国の政策に協力し、ホンジュラスの小規模農家から高地栽培コーヒーを買い付け、生計や学校建設をサポートしているほか、台湾の胡蝶蘭栽培技術をパラグアイに導入し、現地の就業の機会を増やすなど、外交面でも影響力を発揮しています。

台糖ブランドCM

台湾食品メーカー初となる、渋谷駅前109フォーラムビジョンでCM放映中!

ブランド一覧

忙しい朝に嬉しい健康穀物ドリンク

ホットでもアイスでもおいしい台湾糖業の健康穀物ドリンクシリーズです。

健康穀物ドリンクは、台湾では忙しい朝に手軽に食べれる健康食品として親しまれています。低カロリーである一方、植物繊維などを多く含むため、満腹感が持続、カロリーが気になる女性の方にもおすすめです。

高い技術力を持つ台湾糖業独自の「蒸し煮工程」で、 緑豆やキヌア、ハトムギなど穀物本来が持つ風味や栄養を凝縮。なめらかできめ細かい口当たりで、素材本来が持つ濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。防腐剤や人工着色料は一切使用しておりません。

【商品ラインナップ】
台糖緑豆ハトムギ白キクラゲドリンク」、「台糖小豆紫米キヌアドリンク」、「台糖インスタント豆乳オートミール

陰陽五行思想に基づいた五穀ドリンク

陰陽五行思想に基づいた五穀ドリンク
中華伝統の陰陽五行思想に基づいて台湾糖業が開発した五穀ドリンクシリーズです。

陰陽五行思想では、食材の色は五臓六腑の調和に関係し、色彩の異なる様々な食材を適切に食事に取り入れることで、健康増進に役立つとされています。厳選した穀物五種を台湾糖業独自の配合でブレンド、栄養価の高い五穀ドリンクです。

【商品ラインナップ】
台糖黒五穀ドリンク」、「台糖杏仁ドリンク

お腹と体を温める黒糖生姜茶

台湾産サトウキビ由来の黒糖と新鮮な生姜汁を、台湾糖業独自の設備と技術で混ぜ合わせました。小分けパックで携帯に便利、素早く溶けるインスタントタイプで、生姜の芳醇な味わいが絶品です。お腹と体を温めることで、血の巡りを活発にします。生姜粉末、化学合成生姜オイル、生姜抽出物などは一切使用しておりません。

【商品ラインナップ】
台糖黒糖生姜茶