満漢大餐(IMPERIAL BIG MEAL)

満漢大餐(マンハンダーツァン)は、豪華絢爛な中華宮廷料理「満漢全席」からその名を取ったプレミアムなカップ麺です。
長年の研究開発により生まれた、柔らかくボリューミーなお肉、風味豊かなスープ、それらをまとめる麺。台湾ならではの贅沢な牛肉麺をご家庭で手軽に楽しむことができます。

  • HOME
  • 満漢大餐(IMPERIAL BIG MEAL)

満漢大餐の誕生秘話

ひと昔前の台湾では、牛肉麺は贅沢な料理でしたが、台湾の有名な料理人である傅培梅氏の「美食はお金持ちだけが楽しむ料理ではない」 という真摯な信念のもと、一般の人々にも手が届く牛肉麺「満漢大餐」が開発されました。満州族と漢民族の料理を一堂に揃えた豪華絢爛な中華宮廷料理を「満漢全席」と呼ぶことから、プレミアムなカップ麺という意味で「満漢大餐」と名付けられています。

台湾が誇る記憶に残る美味しさ

満漢大餐は台湾で30年以上に渡って多くの人々から親しまれており、その味は台湾の代表的なおもてなしの味としても知られています。厳選された食材を、本格的な牛肉麺と同じ方法で調理しており、柔らかいお肉には味がしみ込んでいます。台湾好きであれば必ず味わいたい、台湾が誇る牛肉麺です。

ブランド一覧

中華料理の真髄が凝縮された牛肉麺

有名な台湾人シェフ傅培梅氏が開発した満漢大餐は、濃厚な味わいの中に牛肉スープの旨味がたっぷり、柔らかいお肉にはしっかりと味がしみ込んでいます。「直火爆炒:強火で瞬時に炒めて素材本来の味と香りを引き出す」、「水蒸鎖汁:蒸すことで肉汁を閉じ込めて保つ」、「辛香食材:香辛料がスープの味を引き立てる」、「料豊味美:豊富な食材と調味料で至極の一品料理に」という中華料理の4つの要素を凝縮、専門店と同じ伝統的な作り方に則っています。

【商品ラインナップ】
満漢大餐紅焼牛肉麺(オリジナル)」、「満漢大餐珍味牛肉麺(辛口)